テナント物件・居抜き物件の賃貸店舗物件 - 居抜き店舗仲介【テナント店舗ネット】

テナント店舗物件の価格比較 テナント物件の見積り
事業用賃貸物件の不動産ポータルサイト お問い合わせ

居抜き物件とは?

テナント物件の前オーナーの内装設備・備品などが残っている飲食店・販売店を、「居抜き物件」「居抜き店舗」と言います。早く店舗開業できるのが、居抜き物件のポイントです。
居抜きとは、店舗や事務所のテナントの設備・家具などを残したまま、次に使用する事業者に売り渡したり貸したりする契約の事です。一方、内装、家具、設備などが一切ない建物だけの状態の物件をスケルトンと呼びます。
居抜き物件とは、スケルトン物件と比較すると、設備や家具などをそのまま使用できるため、開業までのコストが抑えられる事が多いです。開業まで大幅に短縮することが可能なので便利です。飲食店を経営するには高価な調理機器や排気ダクト工事などの設備工事がかかるので、使用できるメリットは大きいです。

Twitter ツイッター Twitter公式アカウント LINE公式アカウント Facebook

Copyright (C) 2022 テナント店舗ネット All Rights Reserved.